1. Home
  2. ルーツゴルフの想い・開発ストーリー
ゴルフを愛する素敵なアマチュアゴルファーへ“人生最高飛距離”を贈りたい

“ボールを思いっきり遠くまで飛ばすこと”はゴルフの醍醐味のひとつで、ゴルファーの永遠のテーマであるとも言えます。

「飛距離が突然伸びたよ!」「念願のシングル入りしました!」「クラブ競技に優勝しました!」などお客様からの嬉しいお便りを頂戴いたします。弊社はアマチュアゴルファーに向けて、大きな飛距離と、やさしさに富んだクラブ作りにこだわりを持って開発し続けておりますが、こういったお声が一番ありがたく、さらに素晴らしいクラブを作っていこうと勇気づけられております。

今年はご声援にお応えし、ザ・ルーツJinというクラブを完成させました。ザ・ルーツJinは弊社が一番こだわり続けておりますフェース素材“スーパーアーメット鋼”の特性をさらに活かすようボディ設計にも工夫をこらし、打感、打音は気持ちよく、更になんといっても素晴らしい飛距離性能を発揮致します。ザ・ルーツJinから放たれるボールの軌跡にはきっと感動頂けることと思います。

百聞は一打にしかず!試打クラブをお貸出ししておりますので、その性能は実際に 打って、お確かめ下さいませ。弊社クラブをご愛用いただければ、ゴルフ人生がより楽しくなる ことをお約束致します。

株式会社ルーツゴルフ 代表取締役 平野俊雄

開発ストーリー

飛距離性能にこだわったザ・ルーツ シリーズの新しい仲間として、ザ・ルーツ ジン シリーズが完成致しました。ジンの名前は弊社が世界で唯一使用しておりますスーパーアーメット鋼が持つ強靭な特性を大きく活かした製品であることから、強靭のジンを名前として取らせていただきました。今回の製品では「人生最高飛距離を出しましょう」というキャッチフレーズをつけておりますが、ゴルファーが今までで一番の飛距離を出して頂けるよう、ヘッド、シャフト、グリップの仕組みを大きく改善しております。クラブの種類別にその飛距離の秘密を書かせて頂きます。

【ウッド】
ザ・ルーツ Jinドライバーヘッドの開発では、平均的なアマチュアゴルファーのヘッドスピードのままで、飛距離アップに役立つヘッド構造を開発することが最初の課題でした。というのもヘッドスピードが速くなることが、飛距離アップに非常に有利なことはご存じの通りです。しかし、ジムに通い、筋力を鍛えて、ヘッドスピードアップさせることは、一般アマチュアゴルファーには難しい課題でもあります。そこでヘッド構造で飛距離アップできる 方法を模索していた中、発見致しましたのは、アーメットフェースの“たわみ”に加え、ボディも、クラウンも効率良く“たわむ”構造にすれば、アーメットフェースの弾きが更に増し、飛距離アップ効果が素晴らしいものになるということでした。 そこでザ・ルーツJinドライバーではカップフェースの形状からボディの構造、肉厚の細かい部分まで見直し、フェース面からヘッド後方まで全体的にたわむヘッドに致しました。これはルーツゴルフのスタッフだけが使っている言葉ですが、この構造から生まれるスピン量の特に少ない球質を「アーメット球」「アーメットボール」と呼んでいます。このボールが打てると同じヘッドスピードのゴルファー同士が競った場合、飛距離において大きな差がつきます。

ヘッド開発の次はシャフト開発です。シャフトの使命はヘッドスピードを速くすること、ヘッドを精確に導くことですが、今回ザ・Jinドライバーのシャフトでは更にハードルを高くし、ヘッドスピードを上げ易いように軽量化を図るが、軽いシャフトにありがちな当たり負けを起さないものを開発すること、さらにはヘッドを正確に導きながら、ボールの打ち出し角度を高くするものを開発することとしました。

しかし、軽く仕上げるとシャフトのトゥダウン現象(ヘッドが垂れるようにシャフトがしなってしまう現象)が大きくなり、精確なインパクトに至りません。これには今までのシャフト開発過程で得た技術をいろいろと駆使しましたが、なかなか改良には至りませんでした。 そこで設計技術だけでなく、シャフト材料の見直しを行い、東レ製高強度高弾性シート「TORAYCA® T1100G」を採用(ドライバー専用)致しました。これはとても面白いカーボンシートで、通常のカーボンシートでは強度と弾性は相反するものなのですが、高強度と高弾性を両立させた特殊シートです。このシートを使用することで、軽くても当たり負けしにくく、さらにトゥダウンが少ないシャフトとなりました。さらにシャフト手元側の剛性を高くし、先端側250㎜部分に約20㎜幅の特殊なシートを巻きつける事で、インパクト時にボール高く飛び出す機能を持たせました。これがダブルウェーブ機能です。

今回新たに開発したヘッドとシャフトを組み合わせた「ザ・ルーツJinドライバー」はスピンが少ないボールが簡単に打て、自然な感じで振っても、驚くほど飛距離が伸びるクラブになったと自負しております。

フェアウェイウッドやユーティリティについても紹介させて下さい。
ヘッドはドライバーと同じ構造を採用し、ボールのスピンが少なく、重い球が出るように設計しております。また、ソールの滑りを良くしながらも、地面を適度に弾いてくれるソール形状と、厚みを薄くしたシャローフェースを組み合わせた結果、球が楽に高く飛び出すヘッドになっております。球の上がり易いヘッドになったことを表現したく、番手表記は3½、5½にしております。

【アイアン】
「以前は好きだったロングアイアンがうまく打てなくなったので、今は仕方がなくユーティリティやウェアウェイウッドを使っている」と仰られるゴルファーに、やはりアイアンでグリーンを狙ってもらいたい!という想いを込め、「ザ・ルーツJinアイアン」の開発に取り組みました。

まずは見た目で易しさが伝わり安心感を持てるようソール幅は広めにしました。これだけでは何の工夫もありません。「ザ・ルーツJinアイアン」のソールは3つの面で構成されています。
フェース側から最初の面にはインパクト時に一旦地面へ食い込み、インパクト以降にはヘッドがスムーズに抜ける効果を、中央の面には、多少ダフり気味になってもソールが滑り抜けてくれる効果と球の高さを安定させる効果を、最後の面には、すくい打ち気味に打っても地面に弾かれ過ぎない効果と、ソールが幅広に見えすぎない効果を持たせました。

6番アイアンでも球がスムーズに上がるよう、ヘッド内部に高比重のタングステンを埋め込み、形状的にはロートゥ型(ヘッドのトゥ側を低くしたヘッド形状)のヘッドとして重心位置を下げました。ロートゥ型のヘッドでありながらも、素直に構えられること、ターゲットへの直角感が出し易しことにこだわっておりますので、是非構えてお確かめ下さい。
またシャフトもウッド用に同じく、先端側に特殊なシートを巻き付け、ボールを跳ね上げてくれる効果を持たせましたので、6番アイアンでも自信を持って打っていただけるクラブになったと思っております。

「人生最高飛距離を出したい」
「楽に飛ばせるクラブで、ゴルフをもっと長く楽しみたい」
「風がアゲンストの時でも、影響されない強い球を打ちたい」
「アイアンで攻めていけるゴルフスタイルに戻したい」
という方は、この「ザ・ルーツJinシリーズ」を是非お試し下さいませ。

株式会社ルーツゴルフ 開発責任者 其阿弥貴之

開発ストーリー

弊社はクラブ開発において一貫したテーマを設けております。それは「アマチュアゴルファーに本当に喜んでいただけるクラブ作り」です。ルーツゴルフのクラブを使うと飛距離アップが凄い!と言っていただけますが、これだけではなく、同時にミスを最小限に抑える易しさも備えておかなねばならないと考えております。

「アーメットインフィニシリーズ」はプライベートゴルフを楽しまれているが、競技会にもよく参加されているゴルファーが好成績を収められるクラブにしようと決め、開発をスタートさせました。

「アーメットインフィニシリーズ」の設計からデザインに至るまで、我々の中に有ったキーワードはハードボイルド設計!「カッコよくなければクラブじゃない!でもやさしくなければゴルフは楽しめない!」でした。
一見シャーブなヘッド形状で難しそう(?)に見えるが、打ってみると
①楽に飛ばせる!
②楽にボールがつかまり、ダフリなどのミスをカバーしてくれる!
③フェースにボールが吸い付く様な気持ちの良い打感!
この3点を実感頂けるクラブを目指し、その通りのクラブが完成したと自負しております。

楽に飛ばせる事!については、スーパーアーメット鋼の加工技術や加工のコツを蓄えてきたことが活かせましたが、「シャーブな形状でありながら楽にボールが捕まるヘッド」と「納得できる打感」を実現するまでには、何度も何度も調整を繰り返しました。その結果、アーメットインフィニシリーズの開発テーマをどのようにして実現できたのか?を簡単にご紹介させて頂きます。

【ウッド類】
ボールがつかまり易いヘッドを設計するには、重心角を大きくしたり、ライ角をアップライトにするのが一般的です。しかし、これだとフェースコントロールが難しくなってしまい、上手くフェースの向きを操る事ができません。アーメットインフィニシリーズは、違和感なく構えられるヘッド形状にしつつ、フェース面自体をヒール側へ寄せた構造にしています。これは、スーパーアーメット鋼の持つ比重の重さを活かし、インパクトで自然なフェースターンがしやすくなる為の工夫です。これにより自然にボールを捕まえ易く、またフェースターンとの相乗効果で強い弾道が打てるヘッドになっています。

打感に関しましては、結果的にアーメットフェースの硬度を敢えて少しだけ落としました。デザイン的な凸凹を用いてソール面の強度を高めた「ベントソール」とハニカム形状の粘り強さを利用して、たわみの大きい「極薄クラウン」の組み合わせで弾き感の大きいヘッドには硬度を少し落とした「アーメットフェース」の方が良い結果を生みました。「ヘッド全体の弾き感」と「ボールが吸い付く様な打感」という相反しそうなものを融合し、一つの気持ち良い感触として味わっていただけるヘッドが完成致しました!

【アイアン】
アイアンはシャープな形状とした場合、どうしてもそれに見合った程度のつかまり具合になってしまいます。アイアンもスーパーアーメット鋼フェースの硬度を少し下げ、打感の方は素晴らしいものになりました。またヘッド内部にタングステンを組み込ませる等の構造で少しつかまりを良くすることができました。しかしまだ理想には届いておりませんでした。

そこで選んだのが、ボディの素材変更です。今まではステンレス鋼を採用していましたが、テストを重ねていく内に、ヘッド素材自体に柔らかさを持たせれば、ボールの捕まり具合にも必ず良い結果をもたらせると確信し、今回初めてヘッド本体に軟鉄素材を採用しました。結果は予想を上回る内容でした。飛距離、ボールの捕まり、打感全てにおいて納得のできるヘッドになってくれました。また、ミスヒットしてもなるべくターゲット方向へボールを飛ばしてくれる様、今回のヘッド形状に合わせてソール形状も改良致しました。
見た目はシャープな形状でありながら、「飛距離」、「易しさ」と「打感」を味わえるアーメットインフィニアイアン!ぜひお試し下さい!

【ウェッジ】
「アプローチの確実性」はプロ、アマチュア関係なくスコアメイクしていく中でとても重要です。
より確実にボールをピンに近づけられる様、なるべく転がす打ち方を選択されている方が多いと思いますが、ラウンドを繰り返していると、どうしてもボールを上げなければいけない状況もございます。
アマチュアゴルファーには、上げるアプローチが苦手、上げようとするとダブってしまう、と言われる方が多い。この問題を何とかしたいと思い、上げるアプローチが苦手だと言われる方々に訊ね聞くと、ほとんどの方が「フェースを開いた時点で右に飛び出しそうな気がする」「構えた時点で違和感を覚える。」と答えられます。

そう思ってしまう大きな要因は「ネックの形状」です。フェースを開いた時も違和感の無いネック形状にすれば、上げるアプローチがイメージし易くなる。上げるアプローチをマスターすれば間違いなくスコアメイクに直結する!

そう考えた私たちはフェースを真っ直ぐに構えれば捕まり易そうなヘッド形状、ネック形状で、フェースを開いて構えればネック部分が邪魔せず、違和感なく構えられるヘッド形状、ネック形状を開発致しました。
また、ルーツインフィニウェッジ専用のシャフトも開発致しました。ウェッジには、同じシリーズのアイアンセットに合わせたシャフトをそのまま採用しているのが一般的である中、インフィニウェッジでは専用シャフトとしてプラス3gの重量感を持たせ、より確実にヒットしやすい工夫を取り入れ、シャープに見えるが実は易しいウェッジ!が完成致しました!


最後に、アーメットインフィニシリーズの開発過程ではヘッド、シャフト、グリップと色々な改良を繰り返し、かなりの時間を費やしましたが、お陰で沢山の新しい知識やコツを得ることができました。これは今後のクラブ作りにおいてもきっと役立つことと思っております。
製品開発スタッフとしまして、今後もアマチュアゴルファーに本当に喜んでいただけるクラブ作りに鋭意努力してまいりたいと思います。どうぞ本年の自信作、アーメットイニンフィニで素晴らしいゴルフをお楽しみ下さいませ。

株式会社ルーツゴルフ 開発責任者 其阿弥貴之