The Roots Jin FAIRWAY WOOD クラブ選び

The Roots Jin Fairway Wood クラブ選び

とても簡単なフェアウェイウッド。

アンケートを取らせて頂きますとフェアウェイウッドに苦手意識をお持ちのゴルファーが多くおられます。特に3番ウッドは難しい!と感じておられる方は是非ザ・ルーツJin3番ウッドをお試し下さいませ。3番ウッドが難しいのは、単純に申しますとヘッドスピードとの比較でロフトが少し足りないことに起因いたします。ザ・ルーツJinの3番ウッドはロフト16度に設計しており、通常は15度のものとたった1度の差ですが、これがコースでは大変効果を発揮し、打ち易く感じられます。Jinの3番ウッドには番手表示として3½と記させて頂いておりますのは、その易しさを表したかったからです。
またザ・ルーツJin5番ウッドも通常の5番よりロフトを1度足させて頂き、19度に設計させて頂きました。5番ウッドにロフトを1度足しましたのは、通常3番ウッドでは打たないような条件の悪いライでも5番ウッドでは打ちたいものです。しかしライが悪いとヘッドスピードも落ち易く、また左下がりのライでは5番ウッドでさえ、球が上り難くなってしまいます。そこで5番ウッドにも少しの余裕を持っていただくため、Jinの5番には5½と表記し、ロフトを1度多くさせて頂きました。
キャディバックの飾りとならず、コースでしっかりと活躍するザ・ルーツJinシリーズ フェアウェイウッドを是非お試し下さいませ。

適応ヘッドスピードについて。

ザ・ルーツJinフェアウェイウッドのシャフトのフレックスはSR・R・R2・L(レディース)の4段階をご用意しております。適応ヘッドスピードの目安としましてはドライバーでのヘッドスピード40~43m/sの方はSR、38~41m/sの方はR、35~38m/sの方はR2、32~35m/sの方はLとしております。持ち球との相性や硬さのお好みも加えてお選びください。もしもお悩みの際には「ルーツゴルフ お客様サービス クラブお悩み相談」 ☎ 075-583-3330までお電話下さいませ。最適なご提案ができるよう努めてまいります。

フェアウェイウッドとユーティリティそれぞれの特徴。

フェアウェイウッドは平たい形状で、重心、さらにシャフトも長いため、球が上がり易く、楽に飛距離が出ます。またスウィートエリアが広いため、飛距離のばらつきが少ないのもフェアウェイウッドの特徴です。ただし形状的にラフや悪いライでのショットには適しません。これに対しユーティリティはヘッドが小ぶりなため、ラフからのショットではフェアウェイウッドより抵抗が少なくなっております。またフェースが高いため、ボールの下をくぐる現象も起きにくくなっています。コースでの色々なライや条件に合わせていただき、使い分けて下さいませ。

その他、ご不明点やご質問等ございましたら、
お気軽にルーツゴルフ本社へ
お問合せいただきますようお願い申し上げます。

株式会社ルーツゴルフ

075-583-3330


製品情報
  • Driver
  • Fairway Wood
  • Utility
  • Iron
WEDGE & PUTTER
  • Roots Infini WEDGE
  • The Roots Curve Face Putter

Roots Golf Official Stop

AerMet Infini

Wedge & Putter

The Roots Story

試打のご案内